スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「労基署がやってきた!」関連セミナー 東京・名古屋・大阪・福岡で開催します。

2017.08.23.Wed.12:34
弁護士

 宝島社新書から「労基署がやってきた!」を出版してから、講演やセミナーが多いですね。

41oI7AHRYjL__SX301_BO1,204,203,200_


社労士

お陰様で、本の内容について皆さまの関心が高くて、この本や労基署・労働局に関する講演・セミナーが増えています。

今回、下記の内容でセミナーが企画され、東京だけでなく、名古屋・大阪・福岡にも行くことになりました。地方在住の方はいつも東京までいらしていただくことになるのですが、今回は私の方でお伺いします。このような機会でないとなかなかお会いできない方ともお会いするのを楽しみにしております。


☆セミナーご案内☆




紹介
 *社労士  森井博子 元労働基準監督署長
 *弁護士  森井利和

スポンサーサイト

労基署の逮捕事案ものっています!

2017.06.18.Sun.15:49
弁護士

 この度、宝島社新書から「労基署がやってきた!」を出版されましたね。

41oI7AHRYjL__SX301_BO1,204,203,200_


社労士

 はい。本の内容は、以下のとおりです。

第1章 労基署とは? 監督官とは?

第2章 サービス残業での逮捕・送検

第3章 過労死・過労自殺の労災認定

第4章 監督官は労災かくしを見破る

第5章 電通事件と過労死撲滅特別対策班、通称「かとく」

第6章 是正勧告・強制捜査を受けた企業がすべきこと

第7章 「働き方改革」と日本人の働き方のゆくえ


弁護士

第2章は、逮捕事案ですね。 


社労士

 はい。これは、実際に私が手掛けた事件です。


弁護士

 労基署の逮捕はめずらしいのではないですか?


社労士

 そうですね。労基署の逮捕は、全国で年に1回か2回でしたが、これからは、違った展開になるかもしれません。特に、電通事件で活躍した「かとく」は、事件を捜査するときは、逮捕も視野に入れていますよ。


弁護士

 本を書くにあたって心掛けた点は何ですか?


社労士

 今回は、一般の方にも分かりやすくということで、執筆を依頼されました。ですので、心掛けたのもその点です。


紹介
 *社労士  森井博子 元労働基準監督署長
 *弁護士  森井利和


監督官・監督署・労働局用語集をHPで掲載開始しました!

2014.04.08.Tue.11:01
社労 


 森井労働法務事務所のHPに、今まで労働基準広報労働安全衛生広報で連載したものの中から労働基準監督官・労働基準監督署・労働局に関連する用語の解説をした箇所をピックアップして載せることをはじめました。 


弁護士

 確かに、労働基準監督官・労働基準監督署・労働局に関連する用語は、一般にはわかりずらいものもありますからね。
 労働安全衛生広報は4年間、労働基準広報は3年間連載しているので、用語解説も随分たまったのではないですか。


 
社労士



 そうですね。 直ちに全部載せるのは、時間の関係で無理なので、これから時間を見て徐々に載せていきたいと思います。今のところ、「行政運営方針」「指導票」「方面制」「臨検監督」等々よく聞かれる用語を載せ始めましたので森井労働法務事務所のHPを見ていただければと思います。




紹介
 *社労士  森井博子 元労働基準監督署長
 *弁護士  森井利和



*****森井労働法務事務所関連出版物の紹介*****

「The検証!! 労働災害事件ファイル」(労働調査会)森井博子&森井利和共著

「実務に活かす労働審判」(労働調査会)森井利和著


事件ファイル

労働審判

10月の講演

2013.10.29.Tue.16:54
社労士

 私は、10月は、大学生や司法修習生に対する講演が多かったのですが、いつもは、企業の労務の担当者や安全の担当者の方相手が多いので、また違った雰囲気で話ができました。

弁護士
 
 講演の中身はどのようなものだったのですか?

社労士
 
 労働基準法や労働安全衛生法の履行確保ということで、主として監督署・労働局・労働基準監督官について話をしたのですが、改めて自分がいたところを法律上解説し、その施策等について客観的に説明することができたので一定距離をおいた見方ができて私にとっても有意義でした。それに、私は、話のテンポが速いということでいつも注意しているのですが、大学生や司法修習生はこのテンポについてきてくれたので、そういう意味でも気持ち良く話すことができたと思います。
 あなたは、通常は、大学院生相手の講義をしていますが、企業の担当者の時の講演と一番違うのはどこですか?

弁護士
 
 やはり、大学院の講義は理屈を重視するということですね。


社労士


 そうですね。企業の担当者は、法律については、それが実際どのように適用されて、業務にどのような影響があるかということが先決ですね。切実さが違うのかもしれません。
 ところで、今まで学生相手に話した時と違うのはテレビドラマの「ダンダリン」のおかげで少しは監督署も周知されてきた感がありました。あのようなドラマがなければ、監督署の存在は知らなかったと言っている学生もいました。ドラマは、監督署の仕事の実態とは異なるところも多いのですが、周知という点からすると効果があったのではないかと思いました。

弁護士

 そうですね。履行確保機関としての存在が知られていないということは、必要な人が権利の行使ができないということですからね。そういう意味でも周知は必要ですね。


紹介
 *社労士  森井博子 元労働基準監督署長
 *弁護士  森井利和



*****森井労働法務事務所関連出版物の紹介*****

「The検証!! 労働災害事件ファイル」(労働調査会)森井博子&森井利和共著

「実務に活かす労働審判」(労働調査会)森井利和著


事件ファイル

労働審判

ブラック企業への取組強化

2013.08.14.Wed.16:57
弁護士
 8月8日の厚生労働省の新聞発表で、若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組を強化するというものがありましたね。いわゆるブラック企業に対する対策ですよね。

社労士
 新聞発表では、3点の取組を柱とすると言っていますね。1点目は若者の「使い捨て」が疑われる企業、ブラック企業といわれていますが、9月を「過重労働重点監督月間」として集中的に監督指導等をするとしています。2点目は、9月1日に全国一斉に電話相談を実施して、情報収集をしていくとしていて、3点目は、パワハラの予防、解決の推進を進してくとしています。

弁護士
 1点目の監督指導ですが、監督対象の情報は集まるのでしょうか?

社労士
 社会問題化していて、国民の関心も高いので監督署や労働局に対しても情報提供があるでしょうし、また、職業安定局も含めた総合的な対策となっているので、ハローワークからの情報もあると思いますので、相当数集まると思いますね。

弁護士
 監督指導は、何を重点とするのですか?

社労士
 発表文では、重点確認事項として、労働時間(36協定の範囲内かどうか)、サービス残業が是正対象としてあげられていますので、適正な時間管理とそれに見合った割増賃金支払いが中心となるのでしょうね。

弁護士
 監督指導は、厳しいものになるのですか?

社労士
 発表文では、「重大・悪質な違反が確認された企業等については、送検し、発表します。」となっていますので、悪質と判断されれば、検察庁に送検ということになると思います。

弁護士
 このような取組をすることになった背景は?

社労士
 やはり、ブラック企業とよばれている若者を「使い捨て」にしてしまう企業の存在が社会問題化してきたことだと思います。これからの社会を支えていく若者が社会人としてのスタートを切るときにこのような扱われ方をすることは許すことができなという問題意識が国民に出てきたのだと思います。それに対応する監督署や労働局も重要な役割で、適切に対応することでその存在意義を示すことができるのではないかと思います。



紹介
 *社労士  森井博子 元労働基準監督署長
 *弁護士  森井利和



*****森井労働法務事務所関連出版物の紹介*****

「The検証!! 労働災害事件ファイル」(労働調査会)森井博子&森井利和共著

「実務に活かす労働審判」(労働調査会)森井利和著


事件ファイル

労働審判


 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。