FC2ブログ

10月の講演

2013.10.29.Tue.16:54
社労士

 私は、10月は、大学生や司法修習生に対する講演が多かったのですが、いつもは、企業の労務の担当者や安全の担当者の方相手が多いので、また違った雰囲気で話ができました。

弁護士
 
 講演の中身はどのようなものだったのですか?

社労士
 
 労働基準法や労働安全衛生法の履行確保ということで、主として監督署・労働局・労働基準監督官について話をしたのですが、改めて自分がいたところを法律上解説し、その施策等について客観的に説明することができたので一定距離をおいた見方ができて私にとっても有意義でした。それに、私は、話のテンポが速いということでいつも注意しているのですが、大学生や司法修習生はこのテンポについてきてくれたので、そういう意味でも気持ち良く話すことができたと思います。
 あなたは、通常は、大学院生相手の講義をしていますが、企業の担当者の時の講演と一番違うのはどこですか?

弁護士
 
 やはり、大学院の講義は理屈を重視するということですね。


社労士


 そうですね。企業の担当者は、法律については、それが実際どのように適用されて、業務にどのような影響があるかということが先決ですね。切実さが違うのかもしれません。
 ところで、今まで学生相手に話した時と違うのはテレビドラマの「ダンダリン」のおかげで少しは監督署も周知されてきた感がありました。あのようなドラマがなければ、監督署の存在は知らなかったと言っている学生もいました。ドラマは、監督署の仕事の実態とは異なるところも多いのですが、周知という点からすると効果があったのではないかと思いました。

弁護士

 そうですね。履行確保機関としての存在が知られていないということは、必要な人が権利の行使ができないということですからね。そういう意味でも周知は必要ですね。


紹介
 *社労士  森井博子 元労働基準監督署長
 *弁護士  森井利和



*****森井労働法務事務所関連出版物の紹介*****

「The検証!! 労働災害事件ファイル」(労働調査会)森井博子&森井利和共著

「実務に活かす労働審判」(労働調査会)森井利和著


事件ファイル

労働審判

スポンサーサイト



コメント

管理者のみに表示