FC2ブログ

サイロで発生した酸欠事故

2016.12.31.Sat.11:24
社労士


 連載している労働安全衛生広報の2016年11月15日号、「サイロで発生した酸欠事故」を取り上げています。事案は、被災者が、サイロの上部にあるマンホール蓋を開いて、サイロ内の米国産トウモロコシを目視により点検していたが、トウモロコシの上部が変色していたので、その状態を確かめるため、サイロ内の垂直タラップを降りたところ、酸欠状態の空気を吸い込んだことで酸素欠乏症となりタラップから墜落したというものです。

この中では
  *労働者死傷病報告
  *酸欠とは
  *災害時監督
  *是正勧告書
  *酸欠事故と安全配慮義務
等について解説をしてます。

 
 今回、酸欠の安全配慮義務が問題となった裁判例をいくつか紹介していますが、その中のマルハ事件(山口地下関支平13.4.23)を紹介します。


弁護士


 これまで酸素欠乏症が問題となった判例として、マルハ事件(山口地下関支平13.4.23判例時報1767号125頁)があります。この事件は、甲板手が船舶内のソイルタンク(船舶用汚水処理装置)の修理に際してこのソイルタンクの設置してあるソイルタンク室内に降りたところ、同室内に硫化水素ガスが充満していたかあるいは酸素欠乏のため、硫化水素中毒または酸素欠乏症で死亡した事故について、遺族が船舶所有者に対して損害賠償を請求した事件ですが、裁判所は、A一等航海士(船員労働安全衛生規則2条による甲板部の安全担当者でもある)が被災者にソイルタンクの修理を指示するにあたって、保護具の使用、看視員の配置等の必要、適切な措置を講じなかったことに船員労働安全衛生規則50条2号、5号の違反があると判断しています。そして、船舶所有者が硫化水素発生の危険性について安全担当者に十分な安全教育を施さなかった落ち度があり、船舶所有者の「組織としての落ち度がA一等航海士の無知ないし安全担当者としての不適格性をもたらしたものであって、これらがあいまって被告会社の過失を構成するというべきである。」として、会社自体に不法行為責任があると判断しています。
 この判決では、船舶を所有して営業を行うものには「当該船舶の乗組員につき、その生命、身体の安全を害すべき事故の発生を未然に防止すべき法律上の義務」があり、この義務は「雇用関係の有無にかかわらず、船舶所有者と乗組員との間に当該関係があることに基づいて発生する一般的義務である」とし、故意または過失により船舶所有者がこの義務に違反して違法に乗組員に損害を与えた場合には、船舶所有者は不法行為に基づきその損害を賠償する責任があると判断しています。


紹介
 *社労士  森井博子 元労働基準監督署長
 *弁護士  森井利和

スポンサーサイト



コメント

管理者のみに表示